介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

2017年08月14日

自転車通勤は死亡リスクを減らしてくれる

自転車通勤をしている人は、車や電車で通勤する人に比べて、
がんや循環器疾患による死亡リスクが41%も少なくなるそうです。

徒歩通勤の場合も、歩く距離が長いほど、
循環器疾患のリスクが減少する傾向にあるそうです。

自転車通勤はやはり体に良かった 死亡リスク4割低下

健康のためには一定量動くことが必要なことが、
科学的に証明されているわけですね。

私は毎日電車通勤ですが、駅まで10分以上歩くので、
行き帰りで8000歩くらい歩いています。

途中買い物などで何処かに寄ったりすると1万歩位になります。

土日でかけるときも、なるべく自転車で行くようにしています。

こういう細かい積み重ねも大事かなと思いますので、
これからも続けていこうと思います。


ラベル:徒歩 自転車通勤
posted by plf at 00:38| 健康美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。